<< 冬のヘッダー2008 | main | 新緑の探鳥会 @ 白州蒸留所バードサンクチュアリ >>
大塚山(鉄五郎新道)

大塚山の山頂にて、まったり中の岩好きさんとひゃあひゃあ。
暑くて暑くて、手ぬぐいやタオルをかぶっています(笑)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
▲大塚山[920m/奥多摩]
天気:晴れ 
記録:JR古里→寸庭橋先の無料駐車場→鉄五郎新道→金毘羅神社→▲広沢山
   →▲大塚山→丹三郎尾根→丹三郎集落→駐車場
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

岩好きさんから、「軽く丸山(芦ケ久保)でも歩きに行こうかと」
と声をかけていただき、約束していた4月中旬。
直前になって「鉄五郎新道」という地図には載っていないけど
踏み跡はあるという道が気になり
急遽、奥多摩の大塚山への変更を提案します。

2万5000分の1の地図を印刷して、このあたりを歩くのかなあ〜と赤鉛筆で予習。
大塚山からは丹三郎尾根を下ってJR古里駅へ戻るコースです。


当日の朝、JR古里駅の前にあるセブンイレブンで岩好きさんと合流。
車に乗って寸庭橋へ向かいます。

橋の手前に有料の駐車場がありますが
橋を渡って左手へ少し進んだ場所にある無料の駐車場を利用しました。

事前の予習では、「登山道への取り付きが一番難しい(!)」とのこと。
寸庭の集落の中を「こっちかな〜」と地図を見ながらなんとなく山道に入ります。
すでに、この時点から岩好きさんに任せっぱなし。

道は比較的はっきりついているのですが、途中で枝分かれしている
作業道らしきものがいくつか現れます。
ここも、なんとなく上へ上へと進んで行ったのですよね?(誰に聞いてる?)


そろそろ現れるか、と思っていたところで
第一目標の金毘羅神社の鳥居が見えました。
ここで大休憩。
越沢バットレスを上から覗き込んで、足がすくみます。

金毘羅神社からは、なかなかの急登が続きます。
途中でイワウチワの群生地があると聞いていたのですが
見頃はすでに過ぎていて、たくさんの花が咲いていた跡がありました。


暑い暑いとふーふー言いながら登りきると、広沢山に到着。
ここからはゆるやかな尾根歩きです。

とは言え、だいぶお疲れのひゃあひゃあさん。
大塚山手前の鉄塔でどちらに進むのかと道を探す時にも
岩好きさんにお任せデス ニョロ


大塚山の山頂には1時間半ほどいたでしょうか。
トップの写真にあるように、テーブルいっぱいに物を広げ
靴を脱いで(靴下まで脱いで!)おしゃべりをしながらご飯を食べます。
岩好きさんのこの冬の雪遊びの写真を見せていただきました。
暑い日差しの下、「うわ〜、この樹氷、すごいっすね」と雪景色の写真を眺めます。


帰りは、ピンク色のミツバツツジを眺めながら丹三郎尾根を下ります。


下山すると、丹三郎集落では春の花が満開。八重桜もきれいに咲いていました。
| 山歩き | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
おつかれさまです!
このグダグダ感がいいですね!
| master | 2008/06/25 10:39 PM |

>master
どもども。
そろそろmasterも山歩きを復活したら?
| hyahya | 2008/06/25 10:48 PM |

あれからもう2ヶ月経つのかぁ〜。
あの時も、あの山は貸切状態でしたね。
隣の御岳は小学生の遠足組で、にぎやかだったようですけど。

このところ休日が雨ばかりで、なかなか山に出掛けられなくて、ちょっとあせってます。
池の平に向けて、早く夏山仕様にしなければ・・・
| 岩好き | 2008/06/26 12:03 AM |

>岩好きさん
遠足シーズンの新緑の山も、あっという間に過ぎ去ってしまいました。
そして梅雨の時期は、自分の休みと天気があわないのが悩ましいですね。
気がつけば、もう来週は7月か…早いなあ。
| hyahya | 2008/06/27 11:24 PM |










http://mt.flatwood.jp/trackback/663904
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ