<< 乗鞍の山バッジ | main | 早起きは三文の徳 >>
宮沢湖なかよし動物園

危うし!ビーグル。
飯能市の宮沢湖の中にある、なかよし動物園が3月16日(日)で閉園とのこと。
最終日に(初めて)遊びに行きました。


動物園へ向かう途中、ドッグパークがあったので立ち寄ってみると
ビーグルが大型犬に追いかけられている!
あまりの迫力に焦ってしまいましたが、彼らは仲良く遊んでいるのでした。
この写真のビーグル、宙に浮かんでいてカワイイのです。


ちょうど梅も見ごろでした。
動物園の近くにある芝生では、たくさんの人がシートを広げて
お弁当を食べています。
池があり、森があり、芝生があり、小さな動物園があり。
派手なアトラクションはないけれども、良い時間が過ごせる場所
ではないでしょうか。

でも、今日はなかよし動物園の最終日。入場料も無料です。
そのため大勢の人でにぎわっているのかもしれません。
そう考えると、寂しくなってきました。
masterに、「動物園がなくなるのは残念だ、もったいない」と
とうとうと話すと「でも、僕らも今日初めて来たでしょ…」と。
そうなんです。そうなんですよ。
だから、余計に悲しいのです。

ふれあい広場では、子供たちがベンチに並んで
ひざにウサギを乗せて座っていました。

動物園の門を出る時、やっぱり悲しい気持ちになってしまいました。

というわけで、この日に会った動物の一部をご紹介。


リスザル


ホオジロカンムリヅル


シロフクロウ


プレーリードッグ


ヒツジ


愛嬌のあるヒツジ


落ち葉の布団で眠るウサギ


なかなか餌にありつけない、高齢のヤギ


昼寝のウサギに迫るカメ


昼寝中のカメ


ヒト


仲良しなアルパカとミニブタ
| お散歩・おでかけ | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
「なかよし動物園」の名に相応しい仲良しな動物達が
たくさんいたのですね。
もっと早く知っていれば私も行ってみたかったです。
もう閉園になってしまったと思うと、何だか寂しくなりました。

ビーグルと大型犬の追いかけっこ、迫力満点ですね!
| 梅子 | 2008/03/25 10:16 PM |


>梅子さん
こちらもご覧いただき、ありがとうございます!
やっぱり寂しいですよね。なんだかね…
ビーグルと大型犬の追いかけっこは、見ていてホントに楽しかったです。
飛ぶように走るビーグルに対して、大きな犬は小回りがきかなく
そのうちに疲れてしまって、途中でお水休憩をとっていました。
それがまた、カワイラシイ。
| hyahya | 2008/03/26 7:03 PM |

久しぶりに、見ました。冬山は、きれいだけれど、気をつけましょう。23日に、公民館でポンタの注射があり、帰りに、寄ったら、居なかった。もしかして、まだ山だった?コメントが。メールになっちゃった。
| 母だよ。 | 2008/04/28 10:50 PM |

>母だよ。さん
か、かあさん。いつの間にこんなことができるようになったのですか。
すごいですね!驚きました。
冬山も夏山も、春山も秋山も気をつけて歩きます。
ポンタの予防接種、お疲れさまでした。
いやあ、ビックリ。パソコンの前で、汗をかいてしまいました…
また思い出した頃に、パソコンを起動して見に来てください!
| hyahya | 2008/04/28 11:03 PM |

お久しぶりです。

お母様からのコメントって、微笑ましいし、羨ましいですね。

自分のことで恐縮ですが。一昨年父を亡くし、この春母を亡くしました。父の三回忌に携帯電話をプレゼントして、孫の写真とか送っていたのですが、全部観ることなく逝ってしまいました。

お母様、大事にしてあげて下さいね。
| たか | 2008/04/30 11:39 PM |

>たかさん
この春のお別れ、お悔やみ申し上げます。
そして、あたたかいお言葉をありがとうございます。

50歳過ぎてから車の免許を取った母には
私より先にセルフ給油デビュー(!?)されるなど
驚かされることが多いです。
| hyahya | 2008/05/04 12:34 AM |










http://mt.flatwood.jp/trackback/639532
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ