<< 位ヶ原山荘にいます | main | 森田さんのなぞりがき天気図練習帳 >>
乗鞍位ヶ原にいます

摩利支天に向かう登山道まで行きました。
位ヶ原に向かって、ダウンヒル中♪
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
▲乗鞍・位ヶ原[2350-2780m/乗鞍]
天気:晴れ 稜線は強風
記録:位ヶ原山荘(8:20)→位ヶ原の台地(9:05)
   摩利支天と富士見岳間の稜線(10:30)→位ヶ原(11:10)
   →位ヶ原山荘(11:40/12:30)→冷泉小屋(12:40)→荒田橋(13:00)
   →最後の車道との合流点(13:45)→乗鞍第6クワッド終点の鳥居(14:15)
   →乗鞍第3駐車場(15:10)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
前夜、強い風の音を聞きながらも、思いのほかすぐに眠りに入り
次に目が覚めたのは朝の4時半。

布団の中で耳を澄ますと、どうやら強い風は吹いていないようだ。
今が一番寒い時間帯なのだけど、あんまり寒くないなあ
と思っていたら、顔周辺の毛布が凍っている びっくり
温度計を見たら、マイナス3.9度だった(ホントかな?)

5時半を過ぎると、人が動き出す音が聞こえてきた。
そろそろ起きて、外へ行こう。


山荘の扉を開けて、最初に見えた景色!


雲ひとつない、クリアな夜明けだ。


日の出待ちの人々。
左端は、朝食前に1本すべりに行くテレマーカー。


この時期の山小屋泊は初めてのmaster。
冬山の夜明けは、いかがでしたか?


朝もしっかりと食事をいただき、準備万端。
支配人の六辻さんから
「雷鳥の足跡を見つけたら、あとを追っていくとよいですよ。
ダケカンバの根元でうずくまっていることがあります」と教えていただく。
*位ヶ原山荘のブログ(3月5日)に、記事があります。

お世話になりました、とご挨拶をして出発。
昨年は、山荘へと駆け下りた斜面を登っていく。
朝一番の登りは、いつだって辛い…

位ヶ原の台地まで登り、行き先を検討。
肩の小屋を目指すか、摩利支天へ向かう斜面を登ってみるか。
行ったことのない方へ行きたいというmasterの希望が通り
後者へ向かう。


稜線に到着!と喜びたいところだが、風が強いのですぐに退散。


画面中央鞍部の右後方に見える黒い屋根が、畳平の建物だと思われる。


下りは、速い。
スキーのターンの跡はかっこいいのだが、スノーシューの跡って
なんだか、ぐちゃぐちゃ。
今、滑り降りるために上を目指している人たちにヒンシュクかしら
と思いながらも、遠慮なく駆け下りる。
たまに登り返してみたりもする。 ジョギング


やっぱり、すごいところだなあ。すごいところにいるんだなあ
と思う、位ヶ原。
この角度から剣ヶ峰を眺めるのは、初めてで新鮮だ。


もちろん、穂高から槍ヶ岳までしっかり見えていた。


写真右端に見える屋根が、位ヶ原山荘。
ツアーコースで下山しようかと思っていたが、山荘でお昼を食べて
そのまま鳥居尾根で帰ることにする。

というわけで、もう一度ダウンヒル。 ジョギング


「位ヶ原山荘、営業中です」


このロゴ、カワイイと思いませんか!


お世話になりました、と挨拶をしたのに
またまたスミマセン…と、うどんを注文。
具だくさんの美味しいうどんを食べて温まる。


今度こそ「ありがとうございました」と挨拶をし、山荘を出発。
厨房の窓からスタッフの女性が「お気をつけて」と声をかけてくださった。


昨日降った雪が、もこもこと積もっている。


こちらのコース、たぶん誰もこないでしょう、と
ヤッホーヤッホーと駆け下りる。


エコーラインへむかっても駆け下りる。


荒田橋まで下りてきた。
昨日のトレースは、見事になくなっている。
このあたりから、だんだん雪が重くなってきた。


山肌は、粉砂糖をまぶしたよう。
昨日は視界が悪かったので、今日の景色は新鮮だ。

エコーラインを歩いていると、だんだん陽が射してきてぽかぽかしてきた。
道路沿いの木々に、小さなかわいい鳥の群れが
これまたかわいい声で鳴いていて、春がやってきているのだなあ、と思う。

それにしても、やっぱり静かな鳥居尾根。
スキーヤー2人に追い越されただけだ。
帰宅後に、位ヶ原山荘のブログや乗鞍大雪渓WebSiteを見たところ
この日のツアーコースは50人以上の人が上を目指していたとのこと。


エコーラインから、鳥居尾根の樹林の中を抜けて
リフト最終地点ににある鳥居に到着。
ここから先は、ゲレンデ歩き。


ゲレンデの端をてくてく歩いていたら
後ろからザックを背負ったテレマーク集団がシュッ、シュッとやってきた。
位ヶ原山荘でご一緒した方々だ。
「そりで滑ったほうが早いんじゃない?」と言われ
そうだ、そうだ!とそりで遊ぶ。
登り返しては、また滑り…と、結局は余計に時間がかかってしまった。

駐車場で乗鞍の峰々を見上げる。
いつものことながら「あそこにいたのか」と感慨深く眺める。

今年も位ヶ原を楽しむことができました!
| 山歩き | 12:08 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
うわぁ、、、すごく気持ち良さそうです。
乗鞍ライブカメラも見ていましたが今日は好天だったみたいですね。 風もかなり強そうですね・・・
| あひる | 2008/03/03 1:45 AM |

十分に楽しめたようで、よかったよかった(笑)。
天気に恵まれたようですね。日焼けは大丈夫?
私は、先日の八ヶ岳でずいぶん焼けてしまい、修復作業がたいへんです!
| 岩好き | 2008/03/03 10:11 AM |

>あひるさん
この斜面はホントにパフパフで、私にしては珍しく雪を散らして駆け下りました。
しかーも、この時は周囲には誰もいなかったのですよ!贅沢ですよね。
ただ、時折びゅるるる〜と吹く強風で、厳しい場所にいるのだな
と再認識しました。

>岩好きさん
いやあ、楽しかったです。この一言に尽きます。
毎週末、狙っていた甲斐がありました。
日曜日の陽射しは強かったです。今回はしっかり日焼け止めを塗りました!
下山中もぽかぽか暖かく、もう春山だなーと思いながら歩きました。
| hyahya | 2008/03/03 6:40 PM |

パフパフの深雪、楽しそうですね。
ところで、山荘の夕食の鍋、最後どうしました・・・・
小生の班は、雑炊(おじや)で完食しました。
(卵が欲しかった。来年は、持参することになりました。)

PS.ひゃあひゃあさんの山のレポ拝見しました。
2005.10.8小生も雨の中、穂高岳山荘から涸沢を経由し上高地まで下りました。
屏風岩の滝、小生も見ました。
雨の中、雷鳥も見ました。
明神では、雷も鳴っていました。
でも空をまうテントは、記憶がありません。(笑)
| かけだし | 2008/03/03 8:43 PM |

リベンジ大成功でしたね♪
青空とふわふわ雪も堪能できたようで、見ていて
ついにやけてしまいました(笑)

私も同じく日曜は八方で絶景を見渡してきました。
仲間の晴れパワーは健在でした!!
次回私の位ヶ原リベンジは神様に祈ります。
| 梅子 | 2008/03/03 8:45 PM |

>かけだしさん
降雪直後の斜面を楽しんできました。
朝起きたら、あの場所にすでにいるというのが嬉しいです。
鍋は隣りのグループが「おじやにしよう」と話しているのを聞いて
その手があったか!と思いました。
おじやにすれば、最後まできれいに食べられますものね。

そして、2005年体育の日連休の豪雨。よーく覚えています。
かけだしさんは、稜線から上高地までだったのですね…お疲れさまでした。
(なかなかの降りっぷりでしたよね)
あれ以来、テント設営・撤収時に細心の注意を払うようになりました(笑)
2007年のGWに続き、この時もどこかで追い越されているかもしれませんね!

>梅子さん
先にリベンジ大成功しちゃいました。
梅子さんの次回の位ヶ原も、良いお天気になりますように。
(あの時ほど、厳しいことにはなりませんように…)
八方の絶景、見ましたよ!
たくさん写真が撮れたのではないでしょうか。
| hyahya | 2008/03/04 9:47 PM |

出遅れました!!
あー、今年も行けませんでした。位ヶ原・・・。
今年こそは!!といってすでに2年・・・(笑)。
しかもスノーシューすらほとんど使ってません(泣)。
今シーズンはなんとなく単独で行動する気になれなかったので。いやはや相棒がいないと動けないもんですね。

それにしても、この一泊二日コース。凄くいいですね!!
9枚目の剣ヶ峰の絵が見たいです。あーヤッホーヤッホー言いたい!!
来年はホントにホントに行きます!!
| 井上ウッド | 2008/03/11 5:57 PM |

>井上ウッドさん
大丈夫です。来年でも再来年でも!
今までは日帰りで行っていましたが、この一泊二日コースの方が
何倍もいいですよね!やっほー。
(ウッドさん、私の方こそ出遅れています。たくさんご活躍されている!)
| hyahya | 2008/03/11 10:28 PM |

詳しいレポありがとうございます。私も刺激され、今度の連休に行ってみようかと思っています。スキー場より上は雪のときは行ったことがありません。ほとんどスキーの方でしょうね。
ひゃひゃさんはスノーシューでしたか?私はもうスキーを持って上がる体力はないので、歩きですが一泊したいものですね。
| 紫 | 2008/03/12 12:54 PM |

>紫さん
ご覧いただき、ありがとうございます!
来週あたりに行かれるのですね。私もまたまた行きたいところですが
今シーズンは、もう無理そうです。
やはりスキーの方が多いですね。スノーシューはもちろん楽しいのですが
スキーの機動力は大きいな、と話を伺って思いました。
(私は全く滑ることができません…)
| hyahya | 2008/03/13 10:50 PM |

いやぁ、良いトコロですね位ヶ原・・・
稜線の景観も日本じゃないような雰囲気ですね。
地面が見えているのは強風で雪が吹き飛んでしまっているからでしょうか?ダウンヒルの背後でもかなりの雪煙が舞っていますね・・・
うーん、楽しそうです。
来年行くこと決めましたっ!


| あひる | 2008/03/16 11:08 PM |

>あひるさん
良いトコロでしょう!位ヶ原。
稜線にあがったところの写真は、
まったく雪がつかず地面が見えていますよね。
本当にすごい風が吹いていて、ささっとその場を立ち去りました。
来年行きますか!もしや、残雪の春山で今年行きますか?!
| hyahya | 2008/03/18 5:51 AM |










http://mt.flatwood.jp/trackback/634581
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ