<< 確定申告はお早めに | main | 猫ハ喜バズ、庭駆ケ回ラズ >>
浅き川も深く渡れ〜星野道夫展@いちかわ
浅き川も深く渡れ  星野道夫
(小学校卒業時の寄せ書きより)
千葉県市川市で「いちかわ 星野道夫展」が開催されていることを知り
一部の展示は2月3日(日)まででしたので、慌てて足を運びました。
市川市内の4ヶ所で、同時開催されているというものです。

---------------------------------------------------
★文学プラザ企画展「文章家 星野道夫」
会場:市川市文学プラザ(生涯学習センター3階)
会期:平成20年1月26日(土)〜5月25日(日)
---------------------------------------------------
慣れぬ市川の街中を車でくるくる回り、最初に訪れたのが
生涯学習センター(メディアパーク市川)の中にある
市川市文学プラザ。

星野道夫さんが書かれた作品からメッセージがクローズアップされ
パネル展示されています。中には、学生時代の作文も。
中学生の頃の作文で、近所の江戸川河川敷の夕暮れの様子が書かれていました。
今このように美しい自然の中にいる僕は幸せだ
もう一つ気になったのが、流れていたビデオ。
画面は真っ暗で何も映っていませんが、声だけが聞こえてきます。
近寄ってみると、暗い中にぼんやりと星野さんの姿があり
どうやらスライド上映会のようです。
スライドそのものは映っておらず、暗闇の中で説明をする星野さんだけが
画面に見えます。
クジラ漁の話、親子(←何の親子か、途中から聞いたので最後までわからず)
が川を渡るときの様子など、映像はなくとも引き込まれてしまいました。
初めて聞く星野さんの話し声は、穏やかでゆったりとした優しい声でした。

館内のBGMには、Pie Jesu (A.L.Webber)。
これは星野さんの好きな曲なのか、ただのBGMかはわからず。

また、この「メディアパーク市川」の中には、図書館、こども図書館
音楽スタジオやホールなどが入っており、とにかく立派!
我が町にも、こんな施設があったらいいな〜とうらやましく思いました。


---------------------------------------------------
★星野道夫展 in コルトンプラザ
会場:コルトンホール(ニッケコルトンプラザ3階)
会期:平成20年1月19日(土)〜2月3日(日)
---------------------------------------------------
次に向かったのは、メディアパーク市川のすぐ隣にあるショッピングセンター
「ニッケコルトンプラザ」の中の写真展示。
こちらは規模が小さいものかな、と勝手に思っていたのですが
展示数が多くてビックリ!
黒ベースの暗いホールに大きなパネルが何点もあり
とても見ごたえのあるものでした。


---------------------------------------------------
★第9回 市川の文化人展「星野道夫展」
会場:市川市芳澤ガーデンギャラリー
会期:平成20年1月19日(土)〜3月2日(日)
---------------------------------------------------
3会場目は、市川市芳澤ガーデンギャラリーへ。


こちらでは写真のほかに、星野さんの愛用品
帽子、ブーツ、カメラザック、カメラやレンズ、カヤックや
自筆の原稿、友人への便りなどが展示されていました。


さらに素敵なのが、ギャラリー前の庭に展示されている大きなパネル。
この日は少し寒かったのですが、梅の花(たぶん)が咲く頃に
香りとともに見るのもいいですね!


---------------------------------------------------
★星野道夫写真展「星のような物語」
会場:市川市文化会館展示室
会期:平成20年1月19日(土)〜2月3日(日)
---------------------------------------------------
最後は、市川市文化会館へ。
こちらの写真展「星のような物語」は、2006年の8月から全国を巡回していたそうで
市川の次は、兵庫の大丸神戸店(2月6日〜2月18日)で終了のようです。


今日は昼から夕方まで、ずっと星野さんの写真や文章を見てきました。
喉の奥のほうが熱くなってきて、ぐっとお腹に力をいれないと
正直、涙がこぼれてきそうです。
(実際、目をぬぐっている女性もいました)

また、コルトンプラザ、芳澤ガーデンギャラリー、市川文化会館で
流れていた曲が同じものでした。
弦楽のゆったりとした短調の曲で、耳にしたことがあるという人も多そうな
わりとメジャーな曲です。
だけど、曲名も作曲者も思い出せず。
(たった今、メロディーを歌えるんですけど…)

3会場で耳にしていたので、星野さんの写真とこの曲は
私の中では強く結びついてしまいました。

※追記:曲目判明。アルビノーニのアダージョでした。
(いちかわFM「写真展のBGM」より)


家にある読みかけの星野さんのエッセイ。
これを機会にもう一度最初から読んでみようと思います。




| お散歩・おでかけ | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
「星のような物語」は私も東京で見ました。
星野さんの写真展は何回か見にいったことがありますが、毎回新鮮に感じます。
前回、一体自分は何を見ていたんだろうーって疑ってしまう位・・・
市川市か、ちょっと遠そうだけど・・・
吉澤ガーデンギャラリー、出かけて見たいですね。
| tsukune | 2008/02/04 10:26 PM |

>tsukuneさん
コメントありがとうございます!
tsukuneさんも東京の回でご覧になっていましたか。
私は今回初めて星野さんの写真展へ行きました。
これから星野さんの文章を読むのがとても楽しみです。
週末の回数と雪遊びの回数を比べると悩ましいところですが
もしお時間ができましたら、吉澤ガーデンギャラリーは
tsukuneさんへオススメです!
| hyahya | 2008/02/04 11:59 PM |

こんばんは。

ギャラリー前の庭に展示されている大きなパネル
   ↑
こういう展示の仕方もあるんですね。
いいな〜、見てみたい。

涙が溢れそうな気持ち、わかるような気がします。

| コメススキ | 2008/02/05 10:10 PM |

>コメススキさん
こんばんは!
庭で見る大きな写真、なかなかよかったです。
とても新鮮でした。
お天気が良かったり、花の香りがしたら
さらに素敵でしょうね!
ぐっと涙をこらえている人、少なくなかったと思います。
そんな雰囲気が漂っていました。
| hyahya | 2008/02/05 11:55 PM |










http://mt.flatwood.jp/trackback/627389
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ