<< ワクチンすんだ? | main | 夏のヘッダー第一弾 >>
根石岳にいます

強風の中、コマクサを見ています。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
▲根石岳[2603m/八ヶ岳]
天気:曇りときどき晴れ 曇り 晴れ
記録:桜平P(7:10)→夏沢鉱泉(7:30/7:40)→オーレン小屋(8:30/8:45)
   →▲箕冠山(9:40)→根石岳(10:15/10:40)→▲箕冠山(***/11:30)
   →夏沢峠(12:00/12:10))→箕冠山の先(12:40/12:55)
   →オーレン小屋(13:25/14:00)→夏沢鉱泉(14:30/14:40)→桜平P(15:00)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

桜平への林道
諏訪南ICより三井の森を目指し、さらにぐんぐん奥へ進んでいくと
「左:唐沢鉱泉、右:オーレン小屋」の分岐に突き当たる。
桜平の駐車場へは、右のダートを進んでいく。

桜平駐車場
桜平駐車場に到着。一番奥の駐車場(上記写真)には、車3台のみ。
手前にある駐車スペースにも10台弱のみ。あまりの少なさにびっくり。

夏沢鉱泉へ向けて出発
桜平を出発。緑の森の中を、まずは夏沢鉱泉へ向かう。
野鳥の鳴き声に反応するも、今回は先生がいないのでなかなか見つけられない。

夏沢鉱泉
夏沢鉱泉到着。
初めて来た時、ここから北アルプスがくっきり見えてとても感動したのだが、
それ以来、一度もその景色を見ていない。今回もやはり見えず…

鳴石川
沢沿いを進んでいく。
もともと水は豊富なのだろうが、やはり水量が多いように感じた。
また、1箇所落石の恐れありで迂回路が設けられていたり、
登山道に激しく水が流れた跡があったり。
先日の豪雨のつめ跡が随所に見られた。

オーレン小屋
オーレン小屋に到着。小屋の前にある「オーレン強清水」で水の補給。
トイレを借りた時に、その奥にあるお風呂をのぞいたら
とーってもきれいな檜風呂で驚いた。

箕冠山
展望のない箕冠山に到着。果たして、根石岳、天狗岳は見えるのだろうか、
と山を下ると…

根石山荘前
一面真っ白。しかも風の通り道で絶え間なく強い風がふく。
さっきまで半袖で歩いていたのに、慌てて長袖シャツとカッパを着込む。
真っ白でわからないが、ここは根石山荘前のコマクサの群生地。
道の両側には、コマクサがたくさん咲いているはず…

コマクサ
コマクサ登場♪
我々はカッパの袖をパタパタはためかせながら「寒い、寒い」と言っているけど、
コマクサは、じーっと地面に這ってきれいな花を咲かせていた。

根石岳山頂
根石岳に到着。相変わらず、何も見えない。
すぐ後からやってきたグループも、この視界じゃね…と天狗岳を諦め
戻っていった。

根石岳山頂で粘る
天狗岳へ行かずとも、あの素晴らしい景色が一瞬だけでも見えないかと
山頂で粘る。
その後、風がしのげる場所へ移動し、昼食をとりながら「天狗待ち」をすること
1時間。ガスがきれず、諦める。

夏沢峠へ向かう
まっすぐオーレン小屋へ戻るのもなんなので、夏沢峠経由で戻ることにする。
…と、日が射してきた。えええ???

夏沢峠より硫黄岳
夏沢峠へ着くころには、こちらも先ほどまではガスでまったく見えなかった硫黄岳がしっかり現れている。
硫黄から降りてきたご夫婦が
「上にいた時は赤岳もなーんにも見えなかったのに…」と。
我々も「今頃は天狗も根石も見えているんだろうなあ…」と。
夏沢峠でちょっと恨めしげに青い空を見上げる4人。

天狗岳と根石山荘
やっぱり諦めきれず、来た道を一目散に戻る、が今度は上りなのでそうもいかない。
箕冠山の先の視界が開けたところまでやってきた。
青空は隠れてしまったけど、山は見える!
左、山頂にガスがかかっているのが西天狗岳。
右、ちょこんと山頂が見えているのが東天狗岳。
その手前にあるなだらかな山が根石岳。
真ん中に見えるのが根石山荘。

根石岳
こちらが根石岳。東天狗が、ちょこんと後ろに見えますね。
今日はこれでよしとしよう。

オーレン小屋のテント場
オーレン小屋まで戻ってきた。
テント場の看板がステキ。

テント場
テントが2張。気持ちよさそうだ。

行動食セット
オーレン小屋の売店で、「行動食セット」なるものを発見!
なかなか魅力的な組み合わせだ。

桜平の駐車場へ戻ったら、また青空が広がっていた。
山の上では、久しぶりにいい夕焼けが見えるかもな…と思いながら
駐車場をあとにした。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
帰りに寄った、お蕎麦屋さん。一度食べてみたかったのです。

草笛
★佐久の草笛
長野県佐久市佐久平駅東21-3

雷電そば
雷電そば(630円)。そばつゆがちょいと違うそうです。甘口・辛口があります。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、お蕎麦の量が多い!
この桶のような器、上げ底じゃあありません!

海老天ざるそば
海老天ざる(並)そば(1260円)。こちらも、食べても食べてもお蕎麦が減らない…
いつもだったら、つるっと食べちゃうんですけどね。
| 山歩き | 11:07 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
こんばんは。

根石岳行ったんですね。
コマクサ、見頃だったようですが、たくさんあるんですか?
天狗〜根石〜夏沢峠 は歩いたことがありません。

レポート楽しみにしてます。
| o-jisan | 2006/07/23 8:22 PM |

>o-jisanさん
根石山荘前のコマクサの群生地は、かなり広範囲でした。
たくさんあるようですが、花が小ぶりだったのか、これから見頃になるのか
あまりピンク色が目立っていませんでした。
…と言っても、我々がいた時はガスで真っ白、視界が悪かったので
あまり見えていなかったのかもしれません。
| hyahya | 2006/07/23 10:45 PM |

こんにちわ!このお蕎麦屋さん、上田にもあり、私はほぼ月3-4で行きます。おいしいし、並でもすごい迫力ですよね!
私は、多すぎて盛りそばだとちょっと味的に飽きてしまうので、いつもたぬきそば。夏は冷やしたぬき。これがおいしいのです。
かきあげ(180円)をつまみつつビールを飲んで蕎麦を待つ、というのもいいですね。
(SAKUより上田店の方がおいしいというのが私の採点です。)
山のコメントでなくてごめんね。
| sakusaku | 2006/07/27 8:25 AM |

>sakusakuさん
おはようございます。
この蕎麦屋は、ずっと行きたかったのですが
いつもタイミングが合わず、先日やっと実現しました。
僕は商標登録という文字に釣られて雷電そばを。
上げ底?と思って食べ始めたら、普通に桶のような器で
仰天の量でした。辛味噌が入っている辛口のつゆは美味でした。
今度は、上田の草笛にも寄ってみますね。
| master | 2006/07/27 10:49 AM |

こんにちわ。
上田店は昼は激混みです(・θ・)。
金土日は午後5:30からもやっています。こちらはややすいているのでお勧め!
| sakusaku | 2006/07/27 5:40 PM |

こんばんは。

 根石岳 --- 天狗からのコースをたどる人を見るだけでしたが、今度歩いてみます。
ところで、蕎麦屋さん、どの辺りにありますか行ってみたくなりました。
信州蕎麦美味しいんですが、つゆが甘いのが苦手で、なかなか気に入った店が見つかりません。
| o-jisan | 2006/07/28 8:36 PM |

>sakusakuさん
やっぱり量は多いですよね…実は私も、最後はちょっと飽きてしまったくらいなのです。
今度はたぬきそばを食べてみよう!

>o-jisanさん
佐久平店は「国道141号線沿い 佐久平駅東交差点近く」です。
詳細は後ほど…
上田店と小諸店も気になります。
| hyahya | 2006/07/28 11:01 PM |

ひゃあひゃあさん、こんにちは^^
根石岳のコマクサも、真ピンクじゃなかったんですね。
稲子岳のもそうでした。
八ヶ岳は薄ピンクが主流なんでしょうかねー。

いよいよ梅雨も明けますね!
今年はゴロゴロさんに行くんでしたっけ?^^
| なん | 2006/07/29 10:07 AM |

>なんさん
そうなんです。写真栄えするように、なるべく濃い色の花を選んだのですが
それでも、やっぱり薄ピンクでした。
八ヶ岳のコマクサが薄ピンクなのか、今年は花の色が薄いのか…?
この夏はゴロゴロさんや鷲羽さんから雲の平を眺める予定です!
| hyahya | 2006/07/29 12:54 PM |










http://mt.flatwood.jp/trackback/420733
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ